Biennale ARET 2021 Paris・Milan・Oxford・Genève

延長 : 出品作家エントリー
Fri, May 15
開催時期:2021年秋( フランス、イギリス、イタリアを巡回)
May 15, 11:00 AM GMT+2 – Dec 15, 3:00 PM GMT+1
開催時期:2021年秋( フランス、イギリス、イタリアを巡回)
ビエンナーレ・アレテーへの出品作家エントリーを、2020年1月31日より開始致します。日本美の奥深さ・ダイナミックさ・面白さを表現した、クオリティーの高い現代の茶道具を募集します。
Partager
ビエンナーレ・アレテーAREThé 2021 運営サポーター募集
2019年2月1日よりメールにて問い合わせ受け付け
ヨーロッパ主要都市
2019年2月1日よりメールにて問い合わせ受け付け
ヨーロッパ主要都市, Paris, France ( イタリア、イギリス、スイスへ巡回予定)
一口にビエンナーレのサポートといっても、関わり方や仕事の内容は様々。アレテー・ビエンナーレの舞台となるのは、フランス・パリを中心としたヨーロッパの主要都市(開催予定:フランス、イタリア、イギリス、スイス)。 渡欧予定のある方は、文化施設や美術館などと語学力を活かして連携を計るなど、国際スタッフとして現地のボランティア、アーティスト・茶道家の方々と交流することができます。勿論、日本からパンフレットの制作などアーティスティックなお仕事、翻訳などのサポートを体験する事も可能!アレテー・ビエンナーレに参加希望の方、興味はあるけれど迷っているという方も、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
Partager

La Biennale AREThé prévue pour septembre 2020 a été reportée en raison de la situation internationale causée par le nouveau coronavirus (SARS-CoV-2).

本年9月に予定しておりましたビエンナーレ・アレテーは、新型コロナウイルスの

感染拡大による国際的状況を鑑み延期をすることと致しました。現在、2021年秋に新しい日程を調整いたしております。

詳細が決まり次第、改めてご案内申し上げる所存です。

皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。

何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

Photo © Kjell Hahn at Sasama International Ceramic Festival 2015

0 1

 À PROPOS

Vivre l’Art contemporain japonais dans la tradition du rituel du Thé.

La biennale AREThé offre au public une expérience sensorielle unique: apprécier l'Art contemporain japonais avec les cinq sens dans le cadre du rituel traditionel du thé.

La biennale AREThé aspire à faire vivre l’art contemporain japonais à travers le rituel chanoyu; une réunion artistique traditionnellement organisée autour du thé Matcha. 

À l'origine, la pratique chanoyu était l'occasion de critiquer l'art de façon avant-gardiste en petit comité.       En effet, lors de ces réunions, les chadôgu (instruments nécessaires pour organiser une réunion chanoyu), considérés comme des objets d’art à la fois fonctionnels et esthétiques, sortaient souvent des collections particulières.

Chaque instrument installé dans la salle de rituel du thé représente un élément unique et indispensable d’un ensemble cohérent pour la mise en scène, en harmonie avec le lieu et le thème de la réunion. Celle-ci coïncide également avec la saison, évoquant la beauté et la fugacité de la nature. 

Les participants au rituel sont invités à apprécier la beauté et le sens subtil des choix de l’hôte dans son installation. Ainsi, les réunions chanoyu constituent un art complet en soi et chaque rituel forme une sorte d'exposition éphémère. 

À la biennale AREThé sont présentées des réalisations d'artistes contemporains Japonais afin de perpétuer l’esprit avant-gardiste et dynamique de cette tradition. Depuis 400 ans, le rituel chanoyu ne cesse d’émerveiller nos sens... La biennale AREThé est donc une occasion unique de vivre cet art interactif, vecteur de valeurs universelles et atemporelles.

Pour cette 4ème édition, dès le 24 septembre 2020 auront lieu plusieurs expositions, réunions chanoyu et conférences au sein de divers établissements renommés, depuis la capitale de l'Art, Paris en France, puis à Milan en Italie, Oxford en Angleterre et Genève en Suisse.

0 1

​フェスティバルについて

茶の伝統を通し

現代アートを体感する。

芸術を、五感で味わうコミュニケーションフェスティバル・アレテー。茶の湯は再び、アートとなる。

 

ビエンナーレ・アレテーは、「アートを通したコミュニケーション」の場として« 茶会»を提案し、その総合芸術性に注目します。​日本を代表する « 茶の湯 » の伝統を、 現代に生きるインタラクティブ・アートとして世界に発信するアート・イベント、それがビエンナーレ・アレテーです。

 現在欧米で主に認知されている形式での茶の湯の歴史は15〜16世紀に遡ります。茶の湯は日本美術史上でも重要な位置を占め、世界に誇る日本美の発展を支えてきました。茶のしつらえには日本の美意識が凝縮され、茶人は茶道を通してその美的感覚と精神性を研ぎすまします。

茶道具は亭主からのメッセージを客に伝える媒体であると同時に、アートとして感動の共有を生み出します。

また、茶の湯を通して体得される美徳、推察力、自律力、 集中力などは、現代社会に必要とされる優れたコミュニケーション・スキルと言えるでしょう。

 ヨーロッパには、イタリア・メディチ家のコレクションを一般公開したヴァザーリの回廊​(ガレリア)を語源とするギャラリーや、フランスでのアート・サロンなど歴史のある芸術鑑賞・評論の場が存在し、そこで提唱される新しい価値観は、芸術運動の枠を超え、社会に経済的、政治的影響を与えてきました。​

 日本の芸術鑑賞・評論の場でもある茶席では、アートディレクターである亭主と客が同席。美への感動を共有し、精神を清め、各々の所作によって茶会全体をアートへと昇華します。そして、茶の湯そのものが、世界に類をみない、洗練された総合芸術であり、インタラクティブ・アートであると言えます。

 茶室の建築的価値、礼儀作法としての所作の形式、工芸品としての茶道具の鑑賞、精神的修行としての茶道の習養など、多面的な茶の魅力の中でも、ビエンナーレ・アレテーは、特にインタラクティブ・アートとしての茶の湯 にスポットを当てます。優れたコミュニケーション・ツールとしての茶の湯を世界に伝えると共に、我々日本人にもその芸術的価値とコミュニケーション・ツールとしてのユニークさを再認識する機会を与えます。

 
 

02

作家エントリー

2020年のビエンナーレ・エントリーは、こちらよりお願い致します。

 

過去の主な展示会場

  • ​パリ7区区役所

  • パリ市立チェルヌスキ美術館

  • イギリス・アシュモレアン博物館

  • パリ日本文化会館

  • エスパスベルタン・ポワレ

  • ​美然ファインアート・ギャラリー

03

​イベント

過去の主な茶会会場

  • ​パリ7区区役所

  • パリ市立チェルヌスキ美術館

  • イギリス・アシュモレアン博物館

  • パリ日本文化会館

  • エスパスベルタン・ポワレ

  • ​美然ファインアート・ギャラリー

過去の主な講演会会場

  • イギリス・アシュモレアン博物館

  • オックスフォード大学

  • パリ日本文化会館

  • ​美然ファインアート・ギャラリー

SOUTENIR

SOUTENIR Le festival AREThé

Les Mécènes et les Parrains jouent un rôle clé depuis le début du festival AREThé et apportent un soutien essentiel à l’existence de nombreux projets de notre organisme à but non lucratif : World Art Bridge.

Avec chacun d’entre eux, World Art Bridge s’attache à concevoir des opérations adaptées, en leur faisant partager l’ensemble des valeurs que nous incarnons. Nous sommes persuadés que l'Art permet de surmonter les barrières interculturelles, une nécessité dans notre société globalisée.

AREThé est un mot imaginé afin de souligner le lien entre l’Art et le thé. Il fait également écho au terme grec ἀρετή (arété), qui signifie "la vertu" au sens le plus fondamental. Selon Nietzsche, l'Art est le seul moyen d'auto-transcendance. Pour nous, l'Art est un excellent outil de communication entre soi et les autres.

World Art Bridge relie le monde à travers l'Art, et nous vous remercions de votre précieux soutien.

LES FORMULES D’ENGAGEMENT

Mécènes

Une place essentielle est réservée aux mécènes, leur permettant d’être au cœur des projets de World Art Bridge. Des contreparties établies en fonction des dons verssé leur sont accordées (utilisées pour l’acquisition de billets d’entrée, de pass festival, l’organisation d’événements dans l'entreprise). Ils participent également à différents événements privés qui leur sont dédiés.

Sponsors

Le parrainage donne aux entreprises la possibilité d’organiser des opérations particulières: lancement de produits, insertion publicitaire dans le catalogue du festival, mise en valeur de la marque… World Art Bridge les accompagne dans cette démarche commerciale en mettant en place des actions spécifiques de communication et de relations publiques. Les entreprises bénéficient d’une visibilité conçue sur-mesure en fonction du projet soutenu et de leur stratégie. Les possibilités sont  diverses:  association au plan de communication du projet (affichage, édition, supports d’information à destination du grand public…), affichage sur le site internet, réalisation de communiqués de presse croisés, inscription sur les supports de communication au cœur du festival, etc…

メセナ支援, スポンサー

NPO法人World Art Bridgeは、フェスティバルを支えて下さる企業・団体・個人様のメセナ支援を随時受け付けております。

フェスティバル・アレテーへのスポンサリングも募集しております。

NPO法人World Art Bridgeは、国際社会の厳しい現状に、アートの力でこそ立ち向かえる、超えられる壁があると考えます。World Art Bridge がオーガナイズするフェスティバル・アレテーのAREThéは、フランス語のART(芸術)と、Thé (茶)を合わせた造語ですが、アレテーという音には、古代ギリシャ語での徳、という意味も込められています。そのギリシャ文学を論考した哲学者ニーチェは、アートは、唯一の自己超越の手段であると解きました。

自己と、そして他とのコミュニケーション・ツールとして、アートの力は絶大です。

世界をアートで繋ぐ橋、World Art Bridge の活動に、そしてフェスティバル・アレテーFestival AREThé 2018に、本年もお力添え頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

04

支援・メセナ

Contact
Presse
World Art Bridge
 

05

過去の後援・協力団体

LE FESTIVAL PARRAINE PAR

PARTENAIRES

MECENAS & PARRAINS

 

05

後援・協力団体

PATRONAGE 2018

Japonismes2018_logotype_cs2-01 - copie.j

PARTENAIRES 2018

AREThé at Ashmolean
AREThé au musée Baur

MECENAS & PARRAINS

LOGO-NATIXIS-LEASE_10CM-e1530542273411.j
Dormeuil.png
nanzanen.jpg
Unknown.png
magoemon rogo-03.jpg
BAIEN Dazaifu.png
BORBOLETTA.清刷 - copie.png
sanbi.jpg
嘉門工藝logo.png

Festival AREThé 2018 organisé par

Logo-WAB.png

© 2018 World Art Bridge tout dois réservé with Wix.com

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Google+ Icon