The AREThé Festival 2020

Bénévole du festival AREThé 2018 Inscription ouverte!
Fri, Apr 27
World Art Bridge
Apr 27, 2018, 7:00 PM – Nov 15, 2018, 9:00 PM
World Art Bridge, 9 Rue Dauphine, 75006 Paris-6E-Arrondissement, France
Être bénévole aux festival AREThé, c’est rejoindre une équipe qui mettent tout leur cœur dans cette aventure. Participez à l’organisation du festival et vivez une expérience unique, remplie de souvenirs… Selon votre disponibilité, vous pouvez participer aux festival AREThé pour quelques jours/ semai
Partager
出品作家エントリー受付中
エントリー受付中( 5月1日締め切り)
フェスティバル開催期間:2018年9月〜11月( フランス、イギリス、イタリアを巡回)
エントリー受付中( 5月1日締め切り)
フェスティバル開催期間:2018年9月〜11月( フランス、イギリス、イタリアを巡回)
フェスティバル・アレテー2018は、フェスティバル参加作家のエントリーを受け付けています。日本美の奥深さ・ダイナミックさ・面白さをヨーロッパに伝える、クオリティーの高い現代の茶道具を募集します。
Partager

Photo © Kjell Hahn at Sasama International Ceramic Festival 2015

 

0 1

 ABOUT

Experience contemporary Japanese art through the tradition of the tea ceremony. 

AREThé Festival offers a unique experience for everyone: celebrate the Tea ritual and  Japanese contemporary  art. 

 

AREThé Festival yearns to spot the light on Japanese contemporary art through the tradition of chanoyu  (« The Way of Tea » or « The Tea Ceremony »). Though the terms "contemporary" and "tradition" may seem opposite, their fusion is actually significant of the essence of Japanese culture, which ally traditions and modernity. 

Originally The Way of Tea was a type of meeting, where small groups gathered and discussed about art. In fact, the chadôgu (The Tea Art instruments) used for the ritual are considered as masterpieces, functional and esthetic at the same time. Chadôgu are objects of private collections used for specific occasions. Each piece is unique and represent a fraction of a whole. All the pieces coexist in harmony, not only with the place and the theme of the meeting, but also with the current season as well as with nature and guests were invited to enjoy the host's subtle aesthetic.

Each ceremony create a transient exhibition, expressing inner tranquility  and artistic creativity. 

The chadôgu presented at the AREThé Festival are created by contemporary artists who perpetuate the spirit of "avant-garde". For 400 years, the art of tea has never ceased to amaze our senses. The AREThé Festival is the opportunity to experience contemporary art in interactive way: it’s a vector of universal and timeless values. 

For this 4th edition several exhibitions, tea ceremony rituals and conferences will be hold from the 24th September in renowned establishments from the heart of Paris (France) to Milan (Italy), Oxford (England) and Lugano (Swiss). 

0 1

​フェスティバルについて

茶の伝統を通し

現代アートを体感する。

芸術を、五感で味わうコミュニケーションフェスティバル・アレテー。茶の湯は再び、アートとなる。

 

フェスティバル・アレテーは、日本を代表する « 茶の湯 » の伝統を、 現代に生きるインタラクティブ・アートとして発信するフェスティバルです。 茶室のしつらえ、茶道具などは亭主からのメッセージを客に伝える媒体であると同時に、アートへの感動の共有を生み出します。茶の湯を通して研ぎすまされる美徳、推察力、自律力、 集中力などは、現代社会に必要とされる優れたコミュニケーション・スキルと言えるでしょう。フェスティバル・アレテーは、「アートを通したコミュニケーション」としての« 茶の湯 »の魅力と、その総合芸術性に注目します。​

 現在欧米で主に認知されている形式での茶の湯の歴史は15〜16世紀に遡ります。茶の湯は日本美術史上でも重要な位置を占め、世界に誇る日本美の発展を支えてきました。茶のしつらえには日本の美意識が凝縮され、茶人は茶道を通してその美的感覚と精神性を研ぎすまして行きます。

 ヨーロッパには、イタリア・メディチ家のコレクションを一般公開した回廊​(ガレリア)を語源とするギャラリーや、フランスでのアート・サロンなど歴史のある芸術鑑賞・評論の場が存在し、そこで提唱される新しい価値観は、芸術運動の枠を超え、社会に経済的、政治的影響を与えてきました。​

 日本の芸術鑑賞・評論の場でもある茶の湯の席では、アートディレクターである亭主と客が同席し、美への感動を共有し、精神を清め、各々の所作によって茶会全体をアートへと昇華します。茶の湯そのものが、世界に類をみない、洗練された総合芸術であり、インタラクティブ・アートであると言えます。

 しかしながら、欧米での一般大衆へ開かれた茶の湯の紹介の場は未だ少なく、また、茶室の建築的価値、礼儀作法としての所作の形式、工芸品としての茶道具の鑑賞、精神的修行としての茶道の習養など、茶の魅力が多面的であるが故に、それぞれの価値が個別に取り上げられて紹介される事が多い状況です。  AREThéフェスティバルでは、インタラクティブ・アートとしての茶の湯 をアピールする事で、優れたコミュニケーション・ツールとしての茶の湯を世界に伝えると共に、我々日本人にもその価値を再認識する機会を与えます。

 

02

エントリー

2018年アレテー・フェスティバルへの作品 エントリーは終了いたしました。多数の応募を有難うございました。

2019年のフェスティバルエントリーに関するお問い合わせは、arethe@worldartbridge.comまでお願い致します。

 

過去の主な展示会場

  • ​パリ7区区役所

  • パリ市立チェルヌスキ美術館

  • イギリス・アシュモレアン博物館

  • パリ日本文化会館

  • エスパスベルタン・ポワレ

  • ​美然ファインアート・ギャラリー

03

​イベント

過去の主な茶会会場

  • ​パリ7区区役所

  • パリ市立チェルヌスキ美術館

  • イギリス・アシュモレアン博物館

  • パリ日本文化会館

  • エスパスベルタン・ポワレ

  • ​美然ファインアート・ギャラリー

過去の主な講演会会場

  • イギリス・アシュモレアン博物館

  • オックスフォード大学

  • パリ日本文化会館

  • ​美然ファインアート・ギャラリー

 

SUPPORT

 SUPPORT The AREThé Festival

Patrons and Sponsors have played a key role since the beginning of the AREThé Festival and provide essential support to the existence of many projects of our non-profit organization: World Art Bridge. With everyone of them World Art Bridge focus to conceive adapted operations making them share values incarnated by World Art Bridge. 

World Art Bridge, the organizer of the festival believes in the power of Art to overcome cross-cultural barriers, which is a fundamental need in our society of globalization.

AREThé is a word designed to emphasize the link between art and tea. It also echoes the term ἀρετή (areta) from ancient Greek, which means Virtue in the most basic sense. Art is the only way of self-transcendence, solved the philosopher Nietzsche.

Art is an excellent communication tool between oneself and others.

World Art Bridge link the word with help of Art, we thank you for your precious support. 

ENGAGEMENT FORMULAS

World Art Bridge non-profit organization is eligible for different fiscal dispositions. Big companies in France and abroad, PME, Patron and Sponsor forms in kind or jurisdiction, annual or multi-year. 

Patrons

The essential place is reserved for patrons, we want them to be in the center of World Art Bridge project. Counter-parties based on the donation are awarded (used for acquisition of entrance tickets, festival pass, organization of events in the company). They benefit from tailor-made visibility depending on the project supported and their sponsorship strategy. The possibilities are diverse: association with the communication plan of the project (display, publishing, information media for the general public, etc.) posting on the website, production of cross-media press releases, permanent registration on the support of patrons at the center of the festival. They also participate in various private events dedicated to them.

Sponsors

Le  parrainage  donne  aux  entreprises  la  possibilité d’organiser  des  opérations  particulières : lancement de produit, insertion publicitaire dans le catalogue du festival, mise  en valeur de la marque… World Art Bridge les accompagne dans cette démarche commerciale en mettant en place des actions spécifiques de communication et de relations publiques.

メセナ支援

フェスティバル・アレテーは、フェスティバルを支えて下さる企業・団体・個人様のメセナ支援を募集しております。

NPO法人World Art Bridgeは、国際社会の厳しい現状に、アートの力でこそ立ち向かえる、超えられる壁があると考えます。World Art Bridge がオーガナイズするフェスティバル・アレテーのAREThéは、フランス語のART(芸術)と、Thé (茶)を合わせた造語ですが、アレテーという音には、古代ギリシャ語での徳、という意味も込められています。そのギリシャ文学を論考した哲学者ニーチェは、アートは、唯一の自己超越の手段であると解きました。

自己と、そして他とのコミュニケーション・ツールとして、アートの力は絶大です。

世界をアートで繋ぐ橋、World Art Bridge の活動に、そしてフェスティバル・アレテーFestival AREThé 2018に、本年もお力添え頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

04

支援・メセナ

Contact
Presse
World Art Bridge

05

過去の後援・協力団体

PATRONAGE 2017

MECENAS & PARRAINS

Festival AREThé 2018 organisé par

 

05

後援・協力団体

THE FESTIVAL'S PATRON

Japonismes2018_logotype_cs2-01 - copie.j

PARTENAIRES 2018

AREThé at Ashmolean
AREThé au musée Baur

SPONSORS & PATRONS

Dormeuil.png
LOGO-NATIXIS-LEASE_10CM-e1530542273411.j
Unknown.png
magoemon rogo-03.jpg
nanzanen.jpg
BAIEN Dazaifu.png
BORBOLETTA.清刷 - copie.png
sanbi.jpg
嘉門工藝logo.png

Festival AREThé 2018 organized by

Logo-WAB.png

© 2018 World Art Bridge tout dois réservé with Wix.com

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Google+ Icon